先日、TBS系列の人気番組「がっちりマンデー」に
ユニフォームネクストさんが登場しました。

今年の夏、弊社はユニネクさんで、
夏用の制服を作ってみましたので、
着心地など簡単なレビューや、
制服を作って感じたメリット・デメリットなどを記載したいと思います。

ユニフォームネクストとは?

2017年7月に、福井県では10年ぶりに株式公開し
東証マザーズ上場を果たした
福井市に本社がある、制服のネット通販会社です。

正式名称はユニフォームネクスト株式会社で、
福井県内で多い通称はユニネクさんです。

一般的に「制服」というと、
小中高生が着るような「学校の制服」を
思い浮かべがちですが、
ユニネクさんで販売している制服は、

学校で着るような制服ではなく、
働く人が着るユニフォーム(制服)を
インターネットネット中心に販売しています。

以前、私が勤めていた売上100憶超えの
某ベンチャー企業時代も、

いつかは自分たちが、
年に1回、昨年上場した企業約100社の中から
3社だけが選ばれる、がっちりマンデーの
「僕たち上場しました特集」に出たい!

と思っていたので、羨ましくもあり、
福井県出身者としては嬉しい限りです。

制服を発注した際、何度か
コールセンターのかたとやりとりをしましたが、
対応も良くスムーズに
ユニフォームを作ることができました^^

制服ユニフォーム販売業界で
昔から続く良くない慣習として、
・基本的に在庫を持たない店舗が多く発送が遅い
・刺繍やネーム等の名入れは外注加工で納期が遅い
といったことが多かったようです。

そういった
決してユーザー目線ではなかった業界の中で、

常識をブチ破るような経営をしていることも、
ユニフォームネクストさんの特徴ですね。

他社と比較したときの圧倒的な強みとしては、
・在庫を大量に保有しており商品の発送が迅速で速い
・自前の自社工場で刺繍等の名入れ加工もOK
・大量仕入れによる低価格販売
・Web販売だけでなく、カタログ通販も強い
といったような点があげられます。

そういったユーザーが何を求めているかを
真剣に考えている会社だからこそ、

2012年には7憶円だった売上が、
2017年には35憶円と急成長を続けていけるのだと思います。

評判が良いのも納得ですね。

本社に物流拠点を併設した
新社屋も建設中のようで、
まだまだ伸びていく予感がします。

ユニネクさんで作ったポロシャツ

ユニフォームネクストさんが運営する通販サイトは、
複数のサイトがあり、

今回弊社が利用したのは、
主に飲食店向け制服販売の、
フードユニフォームです。
(https://food-uniform.jp/)

※ちなみに弊社は飲食店ではありませんが^^;

他には、

作業服・作業着・防寒着などを取り扱う、
ワークユニフォーム
(https://work-uniform.jp/)

女性用の事務服・オフィスウェアを取り扱う、
オフィスユニフォーム
(https://office-uniform.jp/)

医療関連や介護関係の白衣やスクラブを取り扱う、
クリニックユニフォーム
(https://clinic-uniform.jp)

といったサイトも運営されております。

どのサイトも高評価な商品が多く、
大量在庫を抱えていても、

売れる商品を上手くピックアップして
仕入れて売ることができるのは、
ユニフォームネクストさんならではの
強いノウハウですね!

で、今回弊社が注文し作ったユニフォームは、
ボンマックスというメーカーのポロシャツで、
1着3,500円くらいの商品を夏用制服にしました。

Exness_Uniform
せっかくなので、しっかり胸のところに、
社名「EXNESS」と刺繍を入れました(笑

ポリエステル100%なので、
着心地がイマイチかと心配でしたが、
サラっとしていて着心地も良く、

しかも乾きやすく、使いやすいポロシャツでした。

購入前にサンプルを無料で送ってもらえたのも、
Amazonや楽天では恐らくできないことなので、
ユーザー側としてはかなり助かったポイントです。

最近は衣替えして
ポロシャツを着ることが減りましたが、

次はワークユニフォームさんで
アンダーウェアを買って、
引き続きポロシャツを着続けたいぐらいです(笑

企業で制服を導入するメリットとデメリット

制服を着ることのメリットとしては、
・毎日着ていく服を悩まなくていい
・気が引き締まる
・会社支給なので、洋服代の支出が減る
・私服の傷みが遅くなる
・お客さんが社員を一目で見分けられる
・営業先などでちょっとした会話のネタになる
といったような点があげられます。

個人的には、毎日着る服を悩まなくて良い点が、
最高に楽な点で1番のメリットだと思っています。

制服が支給されるデメリットとしては、
・毎日オシャレをしたい人には苦痛
・服で個性を演出したい人には不評
・万が一制服がダサいと言われないかなど、制服選び担当者の責任が重い
・制服通勤が禁止だと着替える必要あり
・個性が強い制服だと、そのまま昼食や飲み会・買い物に着ていけない
・クリーニングは自腹の会社もある
・総務担当者など企業側での事務作業が増える
・定期的に支給するとなると都度経費が発生する
といったような意見があるようです。

弊社の場合、制服通勤もOKですし、
一般家庭の普通の洗濯機で洗える商品なので、

相当オシャレにこだわる人ではない限りは、
特に大きなデメリットはないかなと思っています。

さらに言えば、弊社の場合、
そもそも制服を着るか着ないかも自由です(笑

超一流の経営者・成功者は制服好きなのか?

毎日同じ服を着続けることで有名な人物としては、

「スティーブ・ジョブズ氏(Apple創業者)」
「オバマ氏(前アメリカ合衆国大統領)」
「マーク・ザッカーバーグ氏(facebook創業者)」

といった人たちは、メディアに登場するとき、
ほぼ同じ服を毎回着ていました。

日本企業の経営者のかたでも、
意外と毎日同じシャツやスーツの人もいますね。

なぜ毎日同じ服を着るのか、
それにはちゃんとした理由があります。

人間は何かに対して、
意思決定をするときエネルギーを使います。

大きな決定を下さなければならない人ほど、
その時がきたときにパワーを残しておくため、

なるべく小さいことに対して使用する、
意思決定のエネルギーを極力減らし、

自分自身のメンタルバランスコンディションを
良い状態で保つためにも
・何を食べるか
・何を買うか
といった日常の小さなストレスを減らし、

毎朝必ず発生してしまう
・何を着るか
も自分の服を制服化することで、
意思決定エネルギーを減らさないで済む
というわけですね!

目に見えない部分に
使っていたエネルギーに対しても、
制服化のメリットがあるという点は、

制服を導入するか迷われている企業さんにとって、
背中を押すポイントになりそうですね。

以上、ユニフォームネクストさんで
作った制服のエピソードでした

The following two tabs change content below.
野口 裕貴

野口 裕貴

エクネス株式会社 取締役。新卒で入った銀行を退職後、上場企業を含む急成長中のベンチャー企業を数社経験。各ベンチャー企業で広告運用&SEOチームリーダー、マーケティング事業部長などの役職を経験。2018年、エクネスのプロジェクトに参画し取締役に就任。富士山に登ったり金沢マラソンや富山マラソンを走ったり、休日もアクティブに過ごす。