日本初の福利厚生

【エシカル手当(古着手当・サステナブルファッション手当)】

概要説明

エクネス株式会社では、環境省が公開している持続可能なファッションへの取り組みを、
民間企業として応援するため、2022年5月からエシカル手当(古着手当・サステナブルファッション手当)
を導入いたしました。

この制度は、「むやみに服を買わない、捨てない」「できるだけ服を大事に、長く着る」
という行動を応援することをスローガンとし、一般的な服1着の生産にかかる環境負荷の認知拡大を社内外で目指していきます。

※本制度は、新品の服を買うことを完全に否定することが目的ではなく、
品質の低い(長持ちしない)服を買うのは極力控えましょう、というエシカル消費を推奨するものです。

主な手当の内容

毎月最大5,000円まで支給

古着店のレシートやフリマアプリの購入履歴画面を会社に提出するだけで、毎月最大5,000円まで会社から手当を支給します。
本人の服だけでなく、ご家族の服購入費用も支給対象です。

新品でも認定ブランドなら対象

古着だけに限らず、会社が認定したエシカルなブランドの領収書も支給対象です。

クリーニング、リペア(修理)も支給対象

服を大事に長く着るためのクリーニング、リペア(修理)も環境に配慮していると考え、支給対象です。

STAFF INTERVIEW

実際にエシカル手当(古着手当・サステナブルファッション手当)を利用しているスタッフにインタビューをしてみました。

エシカル手当についてのインタビュー風景
Q. 制度導入を聞いてどう思いましたか?
塚崎の返答

塚崎康太TSUKASAKI KOUTA

全てのブランドに当てはまることではないですが、新品の服を作るために海外の労働者が低賃金で働いていたり、ファッション産業は環境負荷がとても大きいことを知ったときは、かなり衝撃的でしたね。倫理的な側面からも疑問を感じました。
衣類といっても、私服やスーツ、作業着、アウトドア用のウェアなど様々なものがありますが、特に日本には四季があり、春夏秋冬と年間を通じて服が販売しやすい環境のため、新しいトレンド商品を求める高い需給バランスがあるんだろうなと考えさせられました。

エシカル手当導入を機に、国内外様々なアパレル企業が温室効果ガス削減や水の節約など、SDGsに通じる目標を決めて取り組んでいることを初めて知り、自分自身の環境への意識も変わっていくきっかけになりました。

これまで服を選ぶ際は、古着を必ず買いに行くという習慣はありませんでしたが(古着を見ていて気に入ったものを買ったことはあります)今後は、古着手当があることで、会社に負担してもらえるなら「せっかくだし古着を買いに行こう!」という気持ちになります。

古着は1点モノが多い割に価格も新品に比べ低めなので「安くてレアで素敵なものを買った!」という気分になれることも良い点のひとつだと思います。
また、クリーニングや、修復に関しても手当が支給されるので嬉しいです。
海外旅行で買った服で思い出もあってどうしても捨てられない服があるんですが(笑)
その思い出の服も長持ちさせたいので積極的にエシカル手当を活用していきたいと思っています。

葛野の返答

葛野亜衣KUZUNO AI

私は「安い服を購入し、ダメになったら買い替えればいい」という、まさに環境負荷の大きい生活をしておりました。
今回のエシカル手当導入という案内を受けるまで「古着を買う」という選択肢は私の中には無かったですし、衣服の消費が環境負荷に繋がるということすら考えたこともありませんでした。

知らず知らずに環境汚染や環境破壊に繋がってしまっていることに気付かせてくれて、環境問題やSDGsについて調べたり、微力ながら協力できることがもっとあるのではないか?と考えるきっかけをくれたのもこの制度です。

家族や子供の服まで手当の対象になると聞き、すぐにサイズアウトしてしまう子供服は頻繁に買い替えているので、環境にも家計にも優しいエシカル手当を子供服の買い替え時に積極的に活用させて頂こうと思いますし、子供と環境保護についての会話をするいい機会になるので教育にも良いと思います。

正社員だけでなくパートさんも対象なので、喜んでいるパートさんも多いです。
皆の反応を見ると、子育て中のパートさんが多いエクネスにはぴったりな制度だと改めて感じました。
弊社のエシカル手当のような環境に配慮した取り組みが今後もっともっと広がっていくことを望みます!

エクネスでは今後も
環境に配慮した事業・サービスの開発、拡大に努めます
ロスが減る 地球に優しい野菜宅配通販サービス ロスヘル