わたしたちについて

果たすべき使命

ビジネスを手段として環境保護を促し、
地球環境課題を解決するために、
高品質のサービスを継続して提供します。

エクネス株式会社 代表取締役 平井 康之

企業理念

目指す理想の姿

持続可能な社会の発展に貢献するとともに、
全メンバーの物心両面の幸福実現を目指します

基本方針

・わたしたちの事業の本質は社会に存在する課題の解決である
・利益は社会に貢献した結果としてついてくるものである
・超長期視点を持つ
・働きやすさ、働きがいを追及する
・個人の主体性と成長を尊重する
・会社の目標達成と同時に個人の目標を尊重する
・多様性を重んじる




行動指針

・挑戦
挑戦するということは、リスクをとるということです。
毎日同じ仕事をするのではなく、常に現状をゼロベースで見直し、
仮説を立て、大幅に改革していくことを期待しています。
給与面では、安定した給与を希望する方は弊社には向いていません。
給与はもらうものではなく、自分で稼いだ利益から受け取るものです。

・スピード重視
まずはすぐにやってみること。
やってから考える、やりながら軌道修正していく力が必要です。
ベンチャーの強みは資本や技術力、組織力ではなく、
「スピード」だと考えています。大きなリスクを伴う判断以外は、
即断即決、いますぐ大至急です。

・規律ある組織
働くということは船に乗ることではありません。
自分で船を漕げる人、一緒に船を創ることを期待しています。
社内の承認や報告は不要とまではいいませんが、
信頼関係がある前提の組織では必要最低限、自律的に動ける組織を目指しています。
指示されて動くのではなく、自分で考えてやることが、
仕事に対するやりがいや事業成長のスピード感に繋がると考えています。

・能力より信頼関係
理念への共感、挨拶、感謝の気持ちを持つこと、約束を守ること、
相手に誠実に接することなどを重要視しています。
心理的安全、信頼関係という土台の上で仕事に取り組むことが
働く人の幸せにも繋がると考えています。

代表からのメッセージ

なんのために自分は生きているのか、生きているうちに何をしたいのか、ここ数年ずっと考えてきました。

社会に貢献できる仕事がしたい、それが私の出した答えでした。

私は大学卒業後、新卒で金融機関に入社し、その後営業先であったWEB制作、システム開発企業の営業として従事しました。

仕事をしていく中で、より社会的に意義のあるもの、社会の様々な課題解決、

そういったことを通じて企業の事業を拡大し、その対価としてお金をいただける仕事がしたいと思い、会社を興すことを決めました。

情報化が進む時代、ビジネスは複雑化しており、従来の経営手法が通じない世の中となり、より一層、 経営やWEB・集客の専門性の高い経験、知識が必要とされていると感じています。

私たちは単なるテクニカルな情報提供ではなく、企業の本質を理解し、長期視点に立った上で、企業に最適な提案をしていきたいと思います。

志を共に悩み抜き、真の喜びを分かち合えるパートナーを目指します。

メンバー紹介

代表取締役CEO 平井康之
専務取締役CMO 野口裕貴
事業部長 葛野亜衣

代表取締役CEO 平井 康之

金沢大学教育学部数学科卒
金融機関入社3年間、預金、融資業務の営業に携わる。
その後、取引先であったソフトウェア開発企業にて8年間グループリーダーを経験。
グループリーダーを務める傍ら、人事採用担当、新人教育、新規事業開発など幅広い業務に携わる。
社会貢献性の高い、社会にインパクトを与えることができる事業がしたいと考え、2018年3月、エクネス株式会社を創業し代表取締役CEOに就任。
社会に与えるインパクトを数字でコミットする、という意味で2030年に「社会的意義のある」売上1000億企業にすることが当面の目標。

専務取締役CMO 野口 裕貴

大学卒業後、銀行に入行。行内個人表彰を複数回受けるなど、実績を残す。
その後、急成長中のベンチャー企業を数社経験。各ベンチャー企業では、当時過去最高の月間販売実績を作りマネージャーに最速で昇格した経験や、某業界で国内トップクラスのECサイトの運用担当として、入社半年で過去最高受注記録を更新するなど、企業の成長に貢献してきた。
法人営業責任者、法務課リーダー、広告運用&SEOチームリーダー、マーケティング事業部長などの役職も各職場で経験し、前職においては東証マザーズ上場にも携わることができたが、2012年から始めた、海外で貧困に苦しむ子供たちへの支援をきっかけに、さらに大きく世の中にインパクトを与えられるような社会貢献できる事業をしたいという思いを実現するため、2018年、エクネスのプロジェクトに参画し取締役に就任。

事業部長 葛野 亜衣

慶応元年創業の歴史ある食品関連の老舗企業で食文化に繋がる様々な知識を習得し、その後福井県への引っ越しを機に、Web関連企業に転職。
未経験ながらも類まれな熱心さと抜群の吸収力で多くの技術やWebスキルを習得し、会社の柱となる部門で重要なポジションを複数経験し、エクネスに入社。
エクネス入社後は、当時月間売上数万円規模だった代筆事業を100倍以上の規模に成長させるために様々な施策を実施する中心的役割として従事し、現在は事業部長として仕組み作りや部下のマネジメントを行う。