このページをご覧いただきありがとうございます。弊社のことを事前にご理解いただきたく、私の考え方を書かせていただきます。
このブログを書こうと思った理由としては、企業理念、基本方針より具体的な会社の考え方をご理解いただくためです。

会社の目標と個人の目標

個人の目標の実現と会社の目標の実現をともに達成することを目指しています。
目標の大きさや短期、中長期に関わらず目標を実現していただけると嬉しく思います。
明確な個人の目標がない方もいらっしゃるかと思いますが、
目標を一緒に探していきましょう。
より個人の人生が物心ともに豊かになることを目指しています。

能力よりも大切なこと

短期的には能力の高い人が多ければ会社は成長できるかもしれませんが、
長期的視野に立つと、理念共感や挨拶、社会人としてのマナーなどにより
信頼関係をチームで築いていくことが最も会社の成長スピードは早く、
社員同士の幸福度も高くなると考えています。

超長期視点

弊社は基本的に1、2年といった短期的な視点ではなく、10年、20年、50年後の売上や利益を
最大化するために経営を行っています。そのため、新規事業に対する取り組みや、投資など、
短期的に売上や利益が伸びない経営手法をとることが多いです。

規律ある組織

管理は最低限、ヒエラルキー(ピラミッド型の階層組織)も最低限で、
自律的に動ける組織を目指しています。
細かいことを指示することをしないことは、
やりがいや組織のスピード感に繋がると考えています。

加点評価

挑戦する、ということは失敗がつきものです。最も大切なのは挑戦すること。
最もダメなことは、同じ仕事を同じやり方で続けること。
同じ仕事をすることはミスは少なく、安全ですが、弊社ではチャレンジする方を応援します。

リスクを取ってリターンを得る

安定した給与を希望する方は弊社には向いていないかもしれません。
リスクをとることでリターンを得る、という考えを持つ方には適していると思います。
弊社はまだまだ創業フェーズで不安定なことも多いです。

変化に対応する力

毎日の仕事は同じ仕事が続くことはまずありえません。
やり方や仕組み、または人が足りない仕事のフォロー、新規事業の立ち上げなど
様々なことに従事いただくことになります。

スピード重視

石橋を叩いて渡ることは安全ですが、スピードは遅いです。
弊社ではやってから考える、やりながら軌道修正していく力が必要です。
ベンチャーの強みは資本や技術、組織力ではなく、
スピードだと考えているためです。

給与の考え方

給与は◯時間働いたからもらう、というのはサラリーマン思考ですが、
本来は◯◯円の利益を生んで、その中から給与を得る、というのが経済社会での本質だと考えています。
顧客への価値提供を高めていくことが給与をあげていくこと、
これは簡単なようでとても難しいことです。
ただ、それがこれからの会社が生き残っていく唯一の考え方であり、
それをご理解いただける方を求めています。

他社の方が給与がいいとか、いつになったら給与があがるとか考えることがあると思います。
それは会社に対して、最低限、給与+間接費以上の価値を会社に提供してから言える話であって、
入社してすぐにそのようなことを言う可能性がある方は、応募しない方がお互いのためです。

パート従業員と社員の責任について

パート従業員よりも正社員の方が仕事に対する責任は当然大きくなります。
つまり、納期に間に合わせる、または提供する仕事の質はパート従業員より高くなります。
その分、パート従業員よりも社員の方が時給換算では高くなっています。
もちろん残業が発生した場合、残業代をきちんとお支払いする前提での話です。

The following two tabs change content below.
平井 康之

平井 康之

エクネス株式会社 代表取締役。国立金沢大学 教育学部 数学科 卒業。金融機関入社、3年程個人、法人営業を経験。その後ソフト開発企業にて8年半WEBサイト制作及びWEBシステム開発部門のグループリーダーを経験。2018年3月 法人設立 現在に至る。登山を愛する元テニス部キャプテン。好きな山は、石川県の白山、富山県の立山、岐阜県の乗鞍岳など。