最近は資金面で余裕がでてきたこともあり、
新規事業をいくつか検討中です。

事業計画

おかげさまで2期目(2018年10月~2019年9月)の売上目標
である5,000万はほぼ見込みがたったので、3期目以降の
売上をつくるために新規事業を思案中です。

3期目 売上1億
4期目 売上2億

このあたりまでは、おおよその道筋がぼんやり見えてきました。
詳しくはブログには書けませんが、以下の切り口で事業を計画中です。

  • 現在の事業の延長マーケット
  • コンサルティングの強化
  • 顧問先とのシナジー

課題は5期目以降で、

5期目 4億
6期目 8億
7期目 16億
8期目 32億
・・・

と前期の2倍という一般論としては無謀な事業計画を立てているので、
早めに計画を立てないと目標達成は難しいです。

今期中には最低でも7期目くらいまでは見通しを立てたいと思い、
毎日頭の中ではトライアンドエラーの連続です。

コンサルティングを事業の中心に置く、
ということに変わりはありませんが、

  • 採用の問題(コンサルタントの採用は現時点での弊社では簡単ではない)
  • 実業を伸ばすとコンサルティングとのシナジーが望める

といった理由で実業をいくつか立ち上げていく方針です。

特に今後意識したいと考えていることは、

上場企業レベルの企業との取引

取引する会社のレベルがあがると、労働集約的であるコンサルティングの価値が上がる
(自社ブランディング)ことや、レベルの高い企業の企業ネットワークや
人脈ネットワークを活用し、上の階層の情報にアクセスしやすくなるためです。

採用をコンスタントに行う仕組み作り

人で会社の価値が決まると考えているため、優秀な人材を継続的に採用する仕組みを
作ることは非常に重要な課題です。

7~8期目の目標達成ができうるマーケット規模を
持った新規事業立ち上げ

といったところです。

経営コンサルタントとしての会社の強みを
どこに持っていこうか考えたときに、
新規事業立ち上げを自社で成功させることが
顧問先でのコンサルティングに役に立つと考えています。

The following two tabs change content below.
平井 康之

平井 康之

エクネス株式会社 代表取締役。国立金沢大学 教育学部 数学科 卒業。金融機関入社、3年程個人、法人営業を経験。その後ソフト開発企業にて8年半WEBサイト制作及びWEBシステム開発部門のグループリーダーを経験。2018年3月 法人設立 現在に至る。登山を愛する元テニス部キャプテン。好きな山は、石川県の白山、富山県の立山、岐阜県の乗鞍岳など。